かまぼこ ギフト 富山

大豆の活用は環境・食糧面からも叫ばれている。たんぱく供給源として大豆の生産効率が優れているからだ。環境的コストを検証したデータによると、生産コスト1 kcalをかけて生産できる量は、豚肉が3.7kcal、牛肉が6.4kcal、鶏卵が11.2kcal、牛乳が20.6kcalなのに対し、大豆は415kcal。より少ないエネルギーで、多くのたんぱく質を人々に供給できる。地球規模で、健康への貢献、環境への貢献、さらには食糧への貢献が、大豆に期待されている。

 

冷え対策の温熱商材に新たな動きが出始めた。メディア露出が増え、冷えに対する消費者の知識が向上したことや、美容・アンチエイジング分野での冷え対策が浸透し始めたことなどを背景に、冬場限定の商材から通年商材に広がりが見られる。さらに認知症やロコモ対策に対する温熱の有用性も明らかとなりつつある中、高齢者の予防介護分野での普及にも拍車が掛かっている。

 

一方、温熱の新たな効果として認知症やロコモ対策への有用性も明らかになりつつある。山口氏によると、最近の医学界の研究では、腸を活発に動かすことで、脳の働きも良くなる腸脳相関に注目が集まっているという。そこで同氏は、オリゴ糖や乳酸菌、食物繊維などのサプリメントで腸内環境を整えた上で、温熱療法で腸の代謝を高めると同時に、ストレスを解消させるとことで、脳が活性化され、脳からのシグナルを通じて運動器が活発に動くことを確認。

 

グループの100ヵ所以上の介護施設で、運動麻痺やロコモ患者に対し、サプリメントに温熱療法と独自の運動療法を組み合わせた療法を実践。多くの改善事例を蓄積している。もともと高齢者は加齢に伴う生理機能や運動機能の衰えから、平均的に体温が低く、リハビリや運動前に体を温めることの有用性は知られていた。皆がすごしやすい環境を堂整えていくか、よくよく考えなければならない。